量産ロットの考え方

量産ロットの考え方

量産ロット(加工数量)の考え方

アドバンス産業では、少数精鋭での量産加工をメインとして日々取り組んでおります。

量産加工の数量(ロット)というのは、一つの基準として一応3,000ヶ以上となっております。
現在、3,000〜300,000ヶ/月(ロット)での受注数が主です。

しかし、ロット2000ヶの製品でも1日当りの加工数量が100ヶなら単純計算20日間継続加工する訳ですので、ある意味これも量産加工という考え方が出来ると思います。

逆にロット5,000ヶの製品ですが、1日で終わってしまう加工ならこの場合、量産加工の部類に入れても良いのか?と考えてしまいます。

上記、極端な2パターンのような事もありますので、量産ロットというのは単純に数量だけじゃないと言えると思います。

製品形状・継続稼働できる日数等も考慮しております。

弊社では、色々な量産加工品に対応していく為、加工方法や工具・加工機の選定及び人員配置・効率化に努めております。
これによって、ある程度の低コスト対応が可能です。

★弊社へのご質問、お問合せ、そしてご不明な点が
あればこちらへどうぞ!
 ← こちらをクリック!

少数精鋭体制で毎月100万個以上の量産加工をしている精密切削加工専門工場です。加工径Φ2.5〜Φ40に対応。最も得意な領域はΦ4〜Φ18。私たちは日本一の町工場を目指している鳥取のNC自動旋盤加工屋です。

 > アドバンス産業へのお問い合わせ  > 量産ロットの考え方
  • 有限会社アドバンス産業
  • TEL:0859-27-3538
Copyright (c) 2007-2019 ADVANCE SANGYOU All Rights Reserved