へき地で頑張るNC旋盤加工屋ブログ

へき地で頑張るNC旋盤加工屋・精密切削加工屋のブログ

鳥取という地方、言い換えればへき地で頑張っている我がアドバンス産業の NEWS、例えば。。。 我が社の特徴をさらに突っ込んでいったり、今取り組んでいる精密切削加工品 (作品)の写真・説明や新しいNC旋盤(自動盤)の導入のお知らせ、 その他諸々。。。  をお伝え出来ればと思ってます! こちら↓ 本家になります精密切削加工の極み vol2.2 も宜しくお願いしますね。 こちらのブログの人気記事・必見記事も再登場で御紹介したいと思います!
  • 最新配信
  • RSS

『加工イズム!』野村精機NN-10SB5

カテゴリ : 
アドバンス 会社紹介! » 我が社の設備紹介
執筆 : 
yotch 2006/5/20 13:34
先日、記事にした新規導入のNC旋盤について
もう少し触れてみましょうか。

写真が野村精機NN-10SB5です。
今回新規量産加工品に対応すべく思い切って導入しました。






うちの弱点として複合加工への対応が悪いように感じます。

Dカット、Hカット、横穴程度なら問題ないのですが
バック(サブ)で掴み直して裏面取りや裏からのタップ等に
対応出来る機械がホント限られてます。

複合機自体の台数がまだまだ少ない状況です。。。
そんな中、この機械にかかる期待は大きいです。

野村精機と比較されるのはC社でしょうか?
同じピーターマンタイプ(主軸移動型)ですが
野村精機は機械本体がしっかりしており、機械剛性は結構あると
思います。

後は精度の問題。。。
しかし、今回チャレンジした内径、外径8ミクロンの加工が
3000ヶ程度削ってNGはありません。
寸法のバラツキも無く、工程能力があると判断してます。

まぁこちらの加工方法によるところも多大にありますが、それを
差し引いても、加工径や形状によっては結構重宝しそうな予感大!

一般的にはC社が人気ですが、意外と野村も良いかも!
これは発見。かなりのデータも取れたし良い勉強になりました。

トラックバック

トラックバックpingアドレス

https://senban1ban.com/e-office/modules/weblog/tb.php/12

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名

※必須
投稿本文

少数精鋭体制で毎月100万個以上の量産加工をしている精密切削加工専門工場です。加工径Φ2.5〜Φ40に対応。最も得意な領域はΦ4〜Φ18。私たちは日本一の町工場を目指している鳥取のNC自動旋盤加工屋です。

ブログ カレンダー
« « 2020 5月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最新ブログエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
  • 有限会社アドバンス産業
  • TEL:0859-27-3538
Copyright (c) 2007-2019 ADVANCE SANGYOU All Rights Reserved